検索結果

タグ検索

ロンドン駐在員 イギリスをゆくで“ゴルフ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

全英オープンゴルフ 2013年優勝はフィル・ミケルソン!

2013年7月18日から4日間行われた、男子ゴルフの全英オープン選手権。
http://www.opengolf.com/

全英オープンゴルフの会場はスコットランド、ガレーンのミュアフィールド・リンクス。
開催地としては16回目となります。

MuirfieldのHP
http://www.muirfield.org.uk/


私が観戦に行った全英オープンゴルフの2011年は雨と強風で最悪のコンディションで、
寒さに震えていたことを思い出します。

全英オープンゴルフ 2011年観戦記
全英オープンゴルフ 2011年観戦記 その2

イギリスでは珍しく快晴続きの今年の全英オープンゴルフ。
ピクニック感覚で観戦できるのがうらやましいです。


それはさておき。

21日の最終ラウンドは地元イングランドのリー・ウェストウッド(Lee Westwood)と
米国のタイガー・ウッズ(Tiger Woods)の一騎打ち!かと思いましたが、なんと。。。

フィル・ミケルソン(Phil Mickelson)が最終日に5アンダー、66とスコアを伸ばし、
2位のヘンリク・ステンソン(Henrik Stenson)に3打差で優勝しました。

2013年全英オープンゴルフ優勝者、フィル・ミケルソン
写真はhttp://www.theopen.com/より

ミケルソンは全英オープンでは2004年の3位、2011年の2位タイ以外は成績も
良くないのですが、今回見事初優勝、メジャー通算5勝目を飾りました。

タグ

2013年7月22日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ

ゴルフ ライダーカップ2012

2012年のライダーカップ(Ryder Cup)が米イリノイ州メダイナにある
メダイナ・カントリークラブで開催されました。

ライダーカップは、ゴルフのヨーロッパツアーとアメリカツアーの代表選手による対抗戦で、
2年に1回、ヨーロッパとアメリカの交互に開催される団体戦の大会です。

ライダーカップでは賞金も出ないのですが、出場メンバーに選ばれることは
とても名誉なことだそうです。

欧州あるいは米国を代表して戦うのですから、燃えないはずはないでしょう!。


前回2010年のライダーカップはウェールズ(Wales)のケルティックマナー
(or セルティックマナー)リゾートゴルフクラブ(Celtic Manor Resort Golf Club)の
トゥエンティテンコース(The Twenty Ten Course)で開催され、
14.5-13.5の僅差で欧州が優勝しています。

今回はいったいどうなるのでしょうか。。。


初日と2日目はそれぞれ2対2のチーム戦で、午前中はフォアボール、
午後はフォアサムで4組が対戦します。

※ゴルフルール

フォアボールとは、2対2で各自がティーショットからホールアウトまでプレーし、
それぞれのチームのいいスコアを採用するマッチプレー方式

フォアサムとは、ティーショットは4人全員で打ち、それ以後はティーショットの
ベストボールを交互に打って競うマッチプレー方式


最終日の3日目は、1対1の個人戦マッチプレー方式で争われるシングルスマッチです。

各試合の勝ちチームに勝ち点1、負けチームに0、引き分けに0.5が加算され、
3日間の累計ポイント数で優勝が決まります。

タグ

2012年10月 1日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ

全英オープンゴルフ 2011年観戦記 その2

全英オープンゴルフ 2011年観戦記」の続きです。


ようやく全英オープンゴルフの会場に入場し、観戦スタートです。


土曜日は池田勇太についてまわって観戦し、
日曜日は練習場で観戦+いろいろなゴルファーを観てきました。


予選を突破したのは日本勢では池田勇太ただ一人で、石川遼は予選落ち。

世界ランキング1位のルーク・ドナルド(Luke Donald)、
世界ランキング2位のリー・ウェストウッド(Lee Westwood)が共に予選落ち、
タイガー・ウッズは欠場、と残念でしたが、他の有名なゴルファー達を
間近に見ることができました。


中でも最近絶好調のロリー・マキロイ(Rory McIlroy)、トム・ワトソン(Tom Watson)、
フィル・ミケルソン(Phil Mickelson)は人気も凄かったです。

いつも観衆に囲まれ、行く先々で歓声、拍手を受けていました。

練習場でのバッバ・ワトソン(Bubba Watson)のドライバーも凄かったです!
練習が終わった後は自然と拍手が沸きあがっていました。


我々素人と比較することが間違っているのですが、いやー、彼らのスイングは凄いです!

軽く振っているように見えるのに、打球の勢いが半端じゃありません。
空気を切り裂いて飛んでいく、という表現がぴったりです。


ご覧になった方はお分かりでしょうが、天気は雨と強風で最悪のコンディションでした。
観戦しているだけでもずぶ濡れになりきつかったです。

タグ

2011年8月 4日||トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ

全英オープンゴルフ 2011年観戦記

毎年7月に開催される全英オープンゴルフ

正式名称は"British Open"ではなくて"The Open Championship"だそうです。
http://www.opengolf.com/

全英オープンはマスターズ、全米オープン、全米プロ選手権と並ぶ
世界4大メジャートーナメント大会のひとつで、4大メジャーの中でも最も歴史のある大会です。

今年2011年の開催はなんと140回目だそうです。

ゴルフをする人であればいつの日か観戦してみたい大会ではないでしょうか。


昨年の大会は開催地はゴルフの聖地であるセントアンドリュース・オールドコースであり、
ロンドンから遠いので観戦に行くことができませんでした。

今年はロイヤルセントジョージス(Royal St George's)で開催されたのですが、
ここはロンドンから結構近いのです。

会場への行き方は車、バス、電車といろいろな方法があります。
車で行くことも検討したのですが、混雑していると思われるので電車で行くことにしました。

セントパンクラス(St Pancras)から現地のサンドイッチ駅(Sandwich Station)まで
約1時間半、そこからゴルフコースまで徒歩で約15分ですから、計2時間程度で行けるのです。


これは他の用事を放っておいてでも観戦しに行くしかありませんよね!
週末土日の両日観に行ってきました。

私はイギリスに来てからゴルフを始めたということもあって、
実は今回が人生初のゴルフ大会の観戦でした。

最初の観戦が全英オープンなんてなんてラッキーなんでしょう。

タグ

2011年7月28日|コメント (2)トラックバック (0)

カテゴリー:スポーツ