検索結果

タグ検索

ロンドン駐在員 イギリスをゆくで“サマーセール”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ロンドンのショッピングエリア

ロンドンのバーゲン・セール」の続きです。


私が普段ショッピングをしているのは以下のエリアです。


リージェント・ストリート (Regent Street)
  http://www.regentstreetonline.com/

ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)駅から北側の
オックスフォード・サーカス(Oxford Circus)駅まで結ぶストリートです。

リージェント・ストリート (Regent Street)
リージェント・ストリートとオックスフォード・ストリートの交差点

常に多くの観光客や買い物をする人で混み合っていて、
なんと年間5000万人を超す人が訪れるそうです!


オックスフォード・ストリート (Oxford Street)
  http://oxfordstreet.co.uk/

オックスフォード・ストリート (Oxford Street)
クリスマスショッピングで賑わうオックスフォード・ストリート (Oxford Street)

トッテナム・コート・ロード(Tottenham Court Road)駅から西に、
オックスフォード・サーカス(Oxford Circus)駅、
ボンド・ストリート(Bond Street)駅、
マーブル・アーチ(Marble Arch)駅まで結ぶストリートです。

ヨーロッパでもっとも賑わいのある通りで、300以上のショップが並んでいます。

また、ハロッズ(Harrods)以外の、セルフリッジズ(Selfridges)、
ジョン・ルイス(John Lewis)、リバティ(Liberty)といった
有名デパートの本店があるのも特徴的です。


ボンド・ストリート (Bond Steet)
  http://www.bondstreet.co.uk/

リージェント・ストリートの西側を南北に平行しているストリートです。
南側はオールド・ボンド・ストリート(Old Bond Street)、
北側はニュー・ボンド・ストリート(New Bond Street)と呼ばれています。

オールド・ボンド・ストリートでは、ほぼ全ての有名な高級ブランドの
大型路面店を見ることができます。


カーナビー・ストリート (Carnaby Street)
  http://www.carnaby.co.uk/

カーナビー・ストリート
夜のカーナビー・ストリート (Carnaby Street)

ボンド・ストリートとは逆に、リージェント・ストリートの東側を南北に
平行している歩行者専用のストリートです。

有名ブランドのショップだけでなく、小規模で個性的なブディックが数多くあるのも
カーナビー・ストリートの特徴です。

1960年代のスウィンギング・ロンドン(Swinging London)の中心であり、
流行の発信地としても知られています。

このカーナビ・ストリートのすぐ近くに、老舗デパートとして有名な
リバティー(LIBERTY)があります。


メイフェア (Mayfair)
  http://www.mayfair-london.co.uk/

東はリージェント・ストリート(Regent Street)、西はハイドパーク(Hyde Park)、
北はオックスフォード・ストリート(Oxford Street)、南はピカデリー(Piccadilly)と
グリーンパーク(Green Park)に囲まれたエリアです。

ロンドンで最もポッシュなこのエリアには、ビスポークの老舗が並ぶスーツ発祥の地、
日本の「背広」の語源ともなったサヴィル・ロウ(Savile Row)や、英国紳士御用達の
お店が集まるジャーミンストリート(Jermyn Street)があります。

ジャーミンストリート(Jermyn Street)
夕暮れ時のジャーミンストリート(Jermyn Street)

先ほどご紹介したボンド・ストリートもこのメイフェアにあります。

他にも、有名ブランドショップが並ぶピカデリー・アーケード(Piccadilly Arcade)、
ロイヤル・アーケード(Royal Arcade)、バーリントン・アーケード(Burlington Arcade)
といったアーケードもあります。


コベント・ガーデン周辺 (Covent Garden)
  http://www.coventgardenlondonuk.com/

コベント・ガーデンもショッピングエリアですが、いろいろな種類のお店が集まっていて
ぶらぶらするだけでもかなり楽しいです。

昔は野菜や果物の卸売市場があったのですが、交通渋滞のため移転され、
その跡地がショッピングセンターとして再開発されたそうです。

コベント・ガーデン・マーケット(Covent Garden Market)が有名で、
アップル・マーケット(Apple Market)やジュビリー・マーケット(Jubilee Market)と
いったマーケットがあります。

コベント・ガーデン
クリスマスシーズンのコベント・ガーデンのアップル・マーケット(Apple Market)

また、週末には多くのストリート・パフォーマンスが繰り広げられています。

周囲にはニールズ・ヤード(Neal's Yard)があるニール・ストリート(Neal Stree)、
オペラやバレエを上演しているロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)、
少し南に下ってロンドン交通博物館(London Transport Museum)などもあります。

タグ

ロンドンのバーゲン・セール

ロンドンでは年に2回のバーゲン・セールの時期があります。

夏のサマーセールは6月中旬頃から7月中旬頃まで、
冬のウィンターセールはクリスマスの後、ボクシングデーの12月26日から1月中旬頃までです。

実際にはこの期間の前から、特に冬はクリスマスセールが始まっているお店もありますし、
もっと長い間セールを行っているお店もありますが、本格的なバーゲンセールは
ほとんどのお店でこの時期内に行われます。


セールといっても日本のバーゲンとは比較にならないほど大幅に値引きされ、
日本だとまずセールにならないようなブランドも対象になります。

しかも、後半になるにつれて値段はどんどん安くなっていき、最終的には
70%引きなど、信じられないほどのディスカウントとなります。
ホント驚きの安さです!

ポール・スミス(Paul Smith)のセール
ポール・スミス(Paul Smith)のセール


ただし、人気のアイテムやサイズは早めになくなってしまうので、
買う時期の見極めがなかなか難しいところです。

個人的には多少値段が高かろうと、セール初日を狙うべし!です。
高いといってももちろん普段よりは安いですし。

クリスマス明けのバーゲン初日はお店のオープン前から多くの人が
開店を待って行列を作っています。

ハロッズ(Harrods)のウィンターセール初日
イギリス最大の高級百貨店、ハロッズ(Harrods)のウィンターセール初日。
ハロッズ前で開店を待つ人々。

タグ