検索結果

タグ検索

ロンドン駐在員 イギリスをゆくで“洪水”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

イギリスで大洪水!

イギリスでは昨年2013年の12月から天気の悪い日が続き、大洪水による被害が
連日ニュースで大きく取り上げられています。

イングランドの1月としては、今年は記録が始まった1766年以来、約250年ぶりの
最も降水量の多い月となり、冬としてもおそらく最も降水量の多い年となりそうです。

ただ降水量が多いだけであればいいのですが、連日続く雨や激しい暴風雨により、
洪水、停電、道路の閉鎖や鉄道運行停止等が各地で発生し、死亡者も出ています。
特にイングランドとウェールズの中南部では相当な被害が出ています。

私の知人もニュースになっている地域に住んでいるのですが、
クリスマスや年末年始はお祝いどころではない、大変な状況だったそうです。

特に今は冬ですから、停電した場合は暖房もストップするので命に関わります。


2014年2月15日時点での環境庁(Environment Agency)による洪水警報

イギリスの洪水警報
http://www.environment-agency.gov.uk/homeandleisure/floods/default.aspx

生命に危機を及ぼすレベルの深刻な洪水警報(severe flood warnings)が16、
洪水警報(flood warnings)が150以上、洪水注意報(flood alerts)が260以上、
イングランドとウェールズで発表されています。


最近の激しい暴風雨や洪水の様子を動画で見ることができます。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-26117610

私にとって衝撃的だったのは次の3つ。

South West England: Stormy seas hit Devon, Cornwall and Dorset
イングランド南西部のデボン(Devon)、コンウォール(Cornwall)、
ドーセット(Dorset)の海沿いの荒れ模様が見れます。
海沿いの家、やばすぎます。

Somerset: Aerial pictures of train surrounded by floodwater
同じくイングランド南西部のサマセット州(Somerset)から。
列車の運命も風前の灯火か。

Devon: One of the last trains through Dawlish
デボン州(Devon)の海沿いを走る列車に襲い掛かる高波。
中に乗っている人は生きた心地がしなかったのでは。

タグ

2014年2月16日||トラックバック (0)

カテゴリー:最新情報・ニュース